« 2017年5月 | トップページ

2017年10月

2017年10月31日 (火)

胸に降り積もるもの

こんにちは。おひさしぶりでございます。

ここしばらくは身の回りの変動が激しく、なかなか座って落ちついてパソコンに向かうことができずにおりました。今日が半年ぶりの更新となります。ごめんなさい。

変動はいろいろとありました。まずはSNSを始めたこと。これは人生の一大事。

それから去年の秋からの備品崩壊ラッシュもありました。車、冷蔵庫に冷凍庫、車、自宅の湯沸かし器に給湯器、再び車、バイク、洗濯機・・・。えぇもう、実に多彩なラインナップで崩壊していきました。あまりにもたくさん壊れていったので思い出せないけど、まだ何かありました。

毎月連続で壊れていくので困ったには困ったのですが、不思議と後退していく感覚はなく、むしろ古い皮膚がポロポロ剥がれて、あたらしい皮膚に生まれかわっていくような感覚でした。皮膚だけではなく、血肉も入れ変わっていくような加速感。

開店以来ずっと続けているお店のプチリニューアルもだんだんと手間暇かかるところに移ってきました。ボロボロだったプラスチックの物入れを捨てて丈夫な物置を導入。備品の整理整頓をして動線を良くし、テーブルの天板張替えと、これまたボロボロだったブラインドをあたらしくすることによって店内が見違えるほどあかるくなりました。

オット、そうです。当店は今月で開店10周年となりました。これもひとえに、私たちがここにいることを許し、支え、応援し、遠く近くから見守ってくださった方々のおかげでございます。心から御礼申し上げます。本当に本当に、どうもありがとうございました。

ここ鎌倉で10年というのは、なかなかがんばっているようにみえますが、身内にいっぱい支えてもらっての10年でありました。

これまでは、「信用してもらえるお店」を目指してきました。これからは、お客様のさまざまな要望に応えることができる「信頼できる店」をつくっていこうと考えております。

「信用」と「信頼」は、一文字違いだけど、その袋の中身にはかなりの違いがあります。うん。

なんだか校長先生っぽくなってきました。エー、話は変わりますが、私にはひとつの夢があります。どんな夢かはまだ言えません(まだ夢を語れる段階ではないのじゃ。)が、その夢はゼブラのコンセプトである「おじいちゃんもおばあちゃんもお父さんもお母さんもお姉ちゃんもお兄ちゃんも子供も赤ちゃんもニコニコと楽しめるお店」の延長線上にあります。

この夢を、自分たちの頭で考え、手足を使い、体を動かし、働くことを厭わずに、一生懸命働いてできたお金で叶えたい。

ぼんやりと想像していた、そんな「できたらいいな」という展望を10年という節目を迎えたこの年、自分のなかで改めて「夢」という言葉で表現できるようになりました。

自分たちの弱さを強さに変えて、強さをやさしさに変えて、まだまだまだまだもっともっと、がんばります。

これからも末永く見守って頂けましたら幸いでございます。

|

« 2017年5月 | トップページ