« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月30日 (金)

お正月料理の助っ人

こんにちは。

昨日今日明日などは、お正月をたのしく迎える準備に東奔西走大忙しのことと思います。

おいしい料理の強力な助っ人はなんといっても愛情。そして丁寧につくられた調味料を台所に用意しておくこと。これがあれば大丈夫、と思える心強い味方をご紹介。

以前にも紹介しましたが、そのときはさほど重要だとは考えていなかったのんびり屋さんのあなた! 

そして今頃になって何か美味しいものをつくらなきゃいけないことに気が付いたあなた! もぅー、再度ご紹介しますね。ハイ!

64akasake1imgp9450
熊本は瑞鷹の料理用赤酒。

小豆を煮るにもコレ。かぼちゃを煮るにもコレ。お魚の煮付けにもコレ。新鮮なイカを生姜と塩とコレでサッと煮付けてもいいし。鶏の照り焼きもコレで作れば安心の美味しさ。

和食以外にもいろいろ使える万能選手の赤酒を、ぜひ年末年始のお家のご馳走作りに使ってみてください。

ちなみに鎌倉では、御成町の「高崎屋」さんか、坂ノ下の「三留商店」さんで買えます。どちらも31日まで張り切って営業しておりますので、まだ間に合います。

ご馳走の意味は、お客様のために馬を使って美味しい素材を走り回って用意すること。

ブログ見て休憩している暇はありません。さぁ、お財布を忘れずに。良いお迎えができますように!!

|

2016年12月24日 (土)

We wish

Cocolog_oekaki_2016_12_24_16_53

Merry X’mas!!

今年もいろいろなサンタさんから、愛のこもった贈り物をいただきました。

どうもありがとうございます!!!

皆様にとっても、今日がいつもと変わらぬ素敵な日でありますように。

|

2016年12月23日 (金)

牡蠣パスタ始めました

毎冬、このパスタが始まるのを楽しみに待っていてくださるご贔屓さん待望の「広島産牡蠣と菜の花の春菊ソーススパゲティ」

牡蠣に、やわらかァーーく火を入れるのに神経を使っています。ハイ。

今年は暖かいせいか牡蠣の成長が遅いよう。しかし、もぅ待てない!との声が続出。小ささは数でカバーして、牡蠣と菜の花が出揃いましたので、ハイハイ、お待たせ致しました。

始まりましたヨッ!

1215kakipaimgp8041
      広島産牡蠣と菜の花の春菊ソース スパゲティ ¥1580+税

*数に限りがございますので、心配な方はお電話で確認なさってみてください。

|

2016年12月21日 (水)

年末年始のおやすみのご案内

こんにちは。

この告知をすっかり忘れておりました!!ごめんなさい。

年末は29日まで営業します。年始は3日のディナーから始めます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

一日がいよいよ駆け足で暮れていきますね。

皆様もどうかお体ご自愛くださいませ。

|

2016年12月14日 (水)

振り返れば

こんにちは。

こちらはまだしとしと雨が降っています。そちらはいかがですか?

寒さも段々深まってきました。街を歩けば人々は足早に歩き、流れる音楽は賑やかに背中を押していきます。いよいよ今年も終わりですねェ。

今年も、うれしかったこと、かなしかったこと、おもしろかったこと、モヤモヤしたこと、いろいろありました。

もうすぐ誕生日が来ますが、私は歳を重ねることが年々愛おしくなってきています。

体の線は緩やかになってきたし、肌の張りもなくなってきたし、残念なことは色々あるけれど、若いときにはなかった不思議な落ち着いた気持が芽生えるようになってきました。

歳を重ねるごとに流れる月日は早くなってきたけれど、本を読むとき、頭の中に流れる時間は若いころよりずっと、ゆっくり過ぎていくようになりました。文のひとつひとつの裏に隠れた意味が理解できるようになってきたからかな。

読書は(漫画含む)、私の世界を広げてくれるのと同時に、ご飯を食べるのと同じくらいに私を強くつくっていきます。

さてさて、今年いちばん面白かった本がこちら。

エイミー・ベンダー著 「レモンケーキの独特なさびしさ」 角川書店

料理を食べると、その料理をつくった人の感情が感じられる女の子の話。

感情が分かるだけでなく、その料理の素材がどの地域でどのように収穫されたか、どのように加工されたかまでが視えてしまう。

その結果、その女の子はお母さんの作った料理が食べられなくなってしまいます。では自分が作ればどうかというと、自分の押し込めた感情がまっすぐに分かってしまって食べることができない。さて、この女の子に対して家族はどうなのか?

というお話ですが、食べ物屋としては、この女の子の持っている力は多少なりとも皆が持っているもの(特に小さなお子様にそう感じることがあります)、だと思うので、まったく他人事ではなく、ページをめくるのももどかしく、グイグイ読んでしまいました。

機会があれば、ぜひ手に取ってみてくださいね。

119book1imgp0212_3

|

2016年12月 7日 (水)

湯気の向こうには

師走に入っても暖かった日々は急に冬の顔になり、蜜柑にコタツの暖かくも甘酸っぱい関係から離れられない今日この頃。 皆様いかがお過ごしですか。

私は今年も早々に風邪をひき、無念にもちょいちょい寝込んだりしております。今年はかなり気を付けていたのに、グズグズとやってきた風邪に、ヒョイとした隙にのっとられてしまう、このか弱い体が憎い。来年こそはキン肉マンにみたいになりたいものです。

寝込んでいる間にブログも滞り、あれこれ書きたいと思っていたネタもすっかりタイムリーさを失い、今、私はなにを書こうかと戸惑い、話にも旬ってあるんだと、しみじみ実感しているところです。

今、ウチでいちばんタイムリーな話題といえば年末年始の営業のご案内、ですが、せっかくですから、今、旬の料理を紹介しておきます。

29musiyasai3imgp8428_2
野菜のせいろ蒸し ゆずバーニャカウダソース (S)¥680 (M)¥980

毎冬、メニューにオンリストしている蒸し野菜のバーニャカウダ。近頃は家庭料理の範疇に入る料理となってきました。そこで年ごとにソースをバージョンアップしております。

去年は昆布オイルを使った旨みたっぷりソース。今年はそこにゆず果汁をたっぷり入れた、旨み爽やかソースにしました。旨み濃厚なのに爽やかなムロツヨシ的料理。

賛否はぜひ召し上がってから。

|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »