« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

秋の始まり 4

今日も、旬じゃないけどおすすめ料理シリーズ、第4弾。

ババン!

930rennkonnpiza1imgp0162
       蓮根とベーコンの西京味噌風味のピザ ¥1580+税

このピザは、デンマーク産のマリボーチーズと京都の西京味噌を使った、発酵モノ×発酵モノの出会い系ピザ。女性からの熱い支持が根強い秋の定番ピザです。

お次はこちら。

98budou1imgp9879
         ぶどうのキャラメルブリュレ  ¥500+税

キャラメル味のブリュレに、花をイメージしたぶどうをのせて。甘党におすすめです。

うん、今回はしっかりと秋のおすすめになってしまいました。

気が付いたらいつのまにかもぅ、九月も終わりですね。

<

 

|

2016年9月29日 (木)

秋の始まり 3

こんにちは。

まだまだ暑い日もあれば涼しい日もある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日の雨の夜、ザーーッと降りしきる雨の音の向こうに、虫の音が聞こえてくることに気が付き、とても驚きました。

夏の虫の代表である蝉は、雨が降ると鳴き止み、雨が上がると鳴き始めるので、秋の虫たちも雨には休むのだと思い込んでいたのです。

雨音の膜につつまれた虫の音は、水気を帯びてやわらかく、ゆっくりと響いてきます。

まるで耳の中をしなやかなススキの若穂で撫ぜられているかのような心地良さ。本を読む目を閉じて、うっとり聴き入っておりました。

季節の移ろいのあれこれに気がつくのは、いくつになってもいいものですね。

さてさて、旬ではないけれど、今おすすめのお料理シリーズ第三弾。

今回はこちら。

930rtirikaru1924tirikaruboimgp0141

アレ、いつものカルボナーラ?

ハイ!

こちらはカルボナーラはカルボナーラですが、新作の「スパイシー・チリ・カルボナーラ」でございます。

この夏は、課題だった辛味の研究にせっせといそしみました。

出来上がったのが日本一辛い黄金唐辛子を使った、黄辣醤。

辛さの中にも旨みと香りがあり、瞬間的な辛さがパチパチッと通り過ぎます。

元は、担々麺の辛味をより複雑にしたい気持で作った自家製発酵醤ですが、以前から気になっていた、カルボナーラの濃厚なコクをキレよくするために試しに入れてみたら、おぉ!!

これは辛党にはたまらない美味しさ。定番入り決定!

辛さは、A、B、C、三段階から選べます。

辛味の好みは人それぞれに違いますので、どれくらいの辛さなのか心配な方はまずは、スタンダードなAからどうぞ。

そこそこ辛いものがお好きでしたら、Bを。

毎日のようにカプサイシンを摂取している方は、Cをお選びください。

Cでも物足りなかった、というお客様には、特別に次回からDランクでご注文ください。

申し訳ございませんが、D以上のご注文は貴重な黄辣醤の確保のため、ご遠慮くださいませ。

辛さのリクエストは、ディナー限定の担々麺でも申し受けております。こちらもぜひお試しください。

|

2016年9月13日 (火)

鎌倉散策の友

先日発売された、「新版 鎌倉本」にゼブラを掲載させて頂きました。

 

鎌倉・大町散策のお供にぜひどうぞ!

Photo
                     枻出版社 ¥925+税

|

2016年9月10日 (土)

秋の始まり 2

前回にひきつづき、季節感はないが、今一押しの料理をご紹介します。

910kuwatoroimgp0109
クワトロファルマッジ バナナ&ブルーベリーハニー ¥1780+税

料理にフルーツが入るのは苦手ですが、これは別。バナナとブルーベリーは熱によって甘さがなくなり、トロリとした触感に変化。

そこにゴルゴンゾーラ、モッツアレラ、パルミジャーノ、マリボーの4種類のチーズの塩気が綱引きをし、そこへなだれ込む蜂蜜の甘さ、しかし待ち構えていた粗挽き胡椒がスパイシーにアクセントを効かせる、といった見事なバランスを魅せるピザ。

えぇ、もうこれはピッツアではありません。ピザです。甘そうに見えて甘くない、しっかりと酒の友になるピザ。それにしても、カロリーの高いものってホント中毒性がありますね・・・

910takopa1imgp0128地タコのトマトソース パッパルデッレ ¥1380+税

やわらかく旨みの濃い地タコをサルサヴェルデ(緑のソース)に絡め、たっぷりの野菜は塩味でゆで、トマトソースのパッパルデッレにオン。三つの味と触感の違いをお楽しみください。
 

910karubo1imgp0078
カルボナーラ ¥1080+税

パスタの定番、カルボナーラは、麺をスパゲティから、3ミリ×2ミリの角麺のキタッラにブラッシュアップ。モチモチ感と圧倒的な食べごたえに涙。

さてお次は、

98bananaburyure1imgp0038

バナナのキャラメルブリュレ ¥500+税

キャラメルとバナナは仲良し。しっかりと甘いものがお好きな方へ。

季節感のない新作、まだまだ続きます。

 

|

2016年9月 8日 (木)

秋の始まり

そろそろ洗濯物を取り込もうかと、窓を開けたら、東の空にそっといわし雲が広がっていたのは一昨日の話。

草陰では秋虫たちが初々しくもにぎやかに、深まる秋に向けて同じフレーズを幾度もくりかえしています。

さてさて、そんな暑いような涼しいような曖昧な今の時期は、秋の旬を存分に楽しむ気分でもなし。

ハテ、いったい自分が何を食べたいのか自分でもよく分からない、というあなたにおすすめの料理がこちら。

98sakuraebipi1imgp0028
      桜海老と玉ねぎのピッツァ ¥1780+税

某製菓会社の海老スナック菓子を、大胆にピッツアに再構築。この組み合わせになぜ今まで気がつかなかったのだろう。桜海老の旨み、玉ねぎの甘さ、粗挽き胡椒のスパイス感が三位一体、手が止まりせん。

ニュースタンダードピッツアの予感。ガラパゴス万歳!!

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »